手づくりバッグ

三種類のバッグ

またまたご無沙汰してしまいました。

今年は夏からずっと忙しく、この頃やっと一息つけるようになりました。

実は手作り市が今月初めにあり、忙しさの中には作品づくりもあったのです。

何とか時間を作って完成させたバッグを三つ紹介します。

まずは気まぐれで花の絵を織り込んだバッグ。




Photo_5


ただ単純な織りをするのができない性格。ついつい何かしてしまいます。

次は長くタンスの肥やしになっていた木綿の糸を大胆に使ったサブバッグ風のもの。




Photo_6


この生地でポーチをいくつも作りました。

Photo_3Photo_4


次はウールの端切れを集めて作ったパッチワークのバッグ。

Photo_7


それぞれのバッグには、以前の展示会の時に作ったタグも中に付けてあります。

Photo_8


他にも注文をいただいたショールを何本か織ったりしていました。

少し織りをさぼっていて時間が空いたので、振り出しに戻ったような新鮮な感じがあって楽しかった。

けど、年を取ったのか疲れました(^_^;)

今年は初めてカシミヤの糸を使って織っています。

軽くて柔らかくてふわふわで…やめられません。

でも、カシミヤは高い

とりあえず糸は買ったのでこれからもっと織りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きめの裂き織りバッグ

前に織っておいた裂き織りの生地でバッグを作りました。

Photo

私は出掛ける時、結構荷物が多くなります。

小銭やカード類で膨れている大きな財布、ペットボトル、ノートと筆記用具、羽織りもの、電車内等で読む本、天候によっては雨傘や日傘、買い物袋、帽子や手袋…。

というわけで、大き目のバッグがほしいなぁと。

というか、この生地、これで全部だったので、残さずに使っちゃえ~というのもあったんですけど(^_^;)

外にファスナーポケットを付けたので、中は二つに分かれたポケットのみ。

Photo_2

反省点としては、持ち手が硬すぎて裂き織りや裏地の感じと合わなかったこと。

あと、持ち手の間隔が広すぎて、持ったときに真ん中がふくれちゃう。

これは後で直す予定です。

簡単な形なので型紙無しの直裁ち、自分のなので適当仕上げ、というのが裏目に出てしまいました(;'д`)トホホ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カラフルな生地で作った小物

去年、小物用にカラフルな木綿の生地を織りました。

日ごろあまり出番のない鮮やかな色を思い切り使いました~

これを使って大きなショルダーバッグを作ってみました。

ちょっと冒険でした。

Photo

色はもっと濃いです。

下のポーチも同じ生地ですが、これの方が実際の色です。

4_2

私にしては大胆な色使いだったので、織っていてドキドキしました

でも、小物にはこういう楽しい色が結構あっているかも、と思いました。

大きなバッグとポーチの下の二つは、この間の作品展でお買い上げいただきました。

糸が残っているボビンが増えてきたのもあるし、またこういう生地を織りたいと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

織り布パッチワークのバッグ

これまでたくさん織りの服を作ってきたので、端切れもたくさんたまっています。

どんなに小さくても捨てられなくて。

それを使ってバッグを作ってみました。

Photo

何も意図せず、とにかくランダムにキレを置いただけ。

裏側はこんな感じ↓

Photo_2

まだまだ沢山端切れがあるので、今度は絵を描いてみようかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖母の形見の持ち手で袋

祖母が亡くなって22年になります。

亡くなったあと、実家の祖母の部屋を整理していたら木の、袋ものの持ち手が出てきました。

Photo

そういえば、この年代の人たちは、こういう木でできた持ち手の袋をよく持ち歩いていたなぁと思います。

祖母もこれで袋を作ろうと思っていたのでしょう。

ヒマワリのようにも見え、若い感じなので、きっと祖母の若いころに買ったもの。

あるいは叔母に作ろうと思ったのかも。

どちらにしても、50年以上は前のもので、レトロな感じです。

いつか、私がこれで袋を作ろうと貰ってきていたのを、やっとこの間作りました。

Photo_2

下の部分は、これも祖母の形見の夏の着物を裂き織りした布、上は綿レースの端切れです。

子どものころから手編みを教えてもらったこと、高校生だった夏休み、一緒に浴衣を作ったことなど、祖母との手仕事を懐かしく思い出したりしながら作りました。

この夏、持ち歩いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裂き織りバッグと携帯・デジカメケース

ちょっと油断していると、1日があっという間です。

この前の更新からもう1カ月、ほんとに早いですね

5月6月は保存食作りもあるし、衣替えもあるし、他にも色々あって、ちょっとばたばたしてました。

久しぶりに今日は、最近作った小物をアップします。

まずは、前に作っておいた裂き織りで、バッグを二つ。

木の持ち手があったので、大好きな藍染の布と合わせて。

オープンな形なので、中に大きなファスナーポケットを付けました。

Photo_5 Photo_7

                           

                  

                  

                  

                  

                                   

もう一つ、かわいい形のファスナーバッグ。

Photo_2

両方とも、浴衣や着物でもいいかなぁと思いながら作りました。

次は、以前にも作ったケータイやデジカメを入れられるケース。

前に作ったのは今自分でも使ってますが、結構気に入ったのでいくつか作ってみました。

Photo_3                                

バッグにつけるとアクセントにも。

これも藍染の布を組み合わせてます。                  

                               

                               

Photo_4ベルトに付けると出し入れが楽ですね。

特にデジカメを入れると、もたつかずに出せていいです。

まだまだ先だと思っていたミニ個展も3カ月を切って、ちょっと焦りだしました。

展示スペースは小さいんですが、並べられるものあったっけ?と考えると、もっと作らなきゃなぁと。

この作品もそう思って作りました~(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスカラーの袋

普段なかなか使わない鮮やかな赤や緑。

でも、この時期はクリスマスカラーということで、主役になれます。

そこで、こんな袋を作ってみました。

Photo

縫わずにテーブルセンターやタペストリーにも。

この袋はミニツリーやアイビーなどのグリーンの鉢カバーとしてもいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯ケース

駄文、長文を連ねているうちに、いつの間にか12月。

今年も何とか生きて年を越せそうです

このところまた、珍道中、食べ物づくりなどにいそしんでいて、織は出来ていません

たまには作品もアップしようと、今日はだいぶ前に作っておいた携帯ケースを。

Photo_2 

以前織ったシルクの細いマフラーひもを使って作りました。

バッグの持ち手や、パンツのベルトにかけられるよう、ひもは金具で付け外しができるようにしてあります。

上のはちょっと短めなので、長めの携帯が入るように、下のサイズも作りました。

Photo

蓋はマグネットを付けてあります。

薄型のデジカメも普通に入ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裂き織りのリュックとポシェット

お散歩日和が続きました。

私だけじゃなく、相棒も歩きに出かけたい人なので、今月はよく出歩きました。

今週末もお天気次第では12キロコースを歩く予定。

もっぱら秩父方面です。

少しくらい体調が悪くても、野山に出かけると元気になるのが不思議です。

やっぱり土と緑の威力は絶大ですね~

去年の今頃はとても疲れていたので、ただ元気なだけでうれしいです。

明日も友達とちょっとした散歩に出かけます。

お天気大丈夫かな?

                                                         

今日は、ちょっと前に作った裂き織りのリュックとポシェットです。

Photo_2

生地はずいぶん前のもので、いつ織ったか忘れてしまいました。

以前アップした「麻の袋」と同じ縦糸だと思います。

はっきりしませんが、たぶん裂いた生地は実家から持ってきた夏の着物。

さらりとした感触です。

リュックは脇のファスナーから出し入れ。

Photo_3

生地が厚いので、縫うのにと~っても苦労しました~

うちのは工業用に近いミシンですが、それでも大変でした。

これからは生地、芯地に注意しないと。

ミシンの能力、デザイン、生地、針、糸…、そういったものを総合して判断しないといけないですね。

                                                     

袋ものの教室に通って教えてもらいながら作ってきましたが、半年ほどたって、なんとなくコツのようなものも分かりかけてきたので、今月いっぱいでしばらく教室をお休みにしようと思います。

復習しながら、自分なりに作ってみたい。

教室に通うと、時間的に余裕がなくなるし。

読みたい本もたまってます。

一度にたくさんのことができないのに、欲張り過ぎなんですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角マチの小さめトートバッグ

いい季節になってきました。

朝、晴れ上がった空を見ると出かけたくなります。

この間の日曜日は、うちの人と例によって巾着田へ。

去年もこの日に出かけて満開の彼岸花を満喫したのですが、今年はもう見ごろを過ぎていました。

コスモスはまだきれいだったけど。

今年は日和田山に登る代わりに、今まで歩いたことのない高麗の里歩きを6キロくらい。

人の暮らしが息づく里の道は、あちらこちら、手の届くところに柿やイチジクが美味しそうになっていたりして、思わず手が出そうになっちゃいました

アブナイ、アブナイ…

高麗川の流れがきれいで、もう、カモがたくさん来ていて、中州でお昼寝。

それを撮ろうと、すごいカメラを据え付けて、ビールやおつまみも用意して、おじさんがシャッターチャンスを狙ってました。

楽しそう…

のどかな秋の風景…

歩くのはいいですねぇ。

腰の痛いのも、かえってよくなった感じです。

                                                        

今日は小さめのトートバッグです。

Photo

両脇に四角いマチとパイピングがついてます。

持ち手は皮で、ミシンで縫い付けました。

つい、コントローラーを強く踏み込んでしまったりして、縫い目が乱れたところがあります。

ここは用心深く、ゆっくり手回しにしないといけませんね。

せっかちで適当な性格がこういうところに出ますね~

でも、だんだんバッグに対する苦手感が少なくなってきました。

数をこなすのも大事ですね。

生地はもうかなり前にジャケットにしようと織ったもの。

なんとなくイメージが浮かばず、そのままになっていたものです。

使えないかなぁと思う生地は小物にするといいですね。

古い生地をひっくり返して見てます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)