« 地球温暖化の嘘 | トップページ | 「がんの原因は○○だった」 »

医食同源 だから畑はやめられない

すっかりご無沙汰しました。

昨日サツマイモの収穫を終えて、畑仕事も一段落し、今日は雨ということもあり、久しぶりに書いています。

サツマイモは豊作で、2週間前に収穫を終えたカボチャと一緒に、二階の普段使わない廊下に並べています。

両方で大きな段ボール箱6個もあります。

どっちも大好きなので、これから食べるのが楽しみです!

 

今日は今月初めに参加した、東京から来てくださった漢方の薬剤師さんのお話を、とても大切なことと思うのでシェアさせていただこうと思います。

北里大学で研究をされていたその方は、現在の医療の在り方に疑問を持ち、安易な服薬に警鐘を鳴らされています。

以下、順不同でメモを観ながら、話されたことを挙げていきます。

あくまでも私がメモした内容であり、聞き間違いなどの可能性もゼロではありません。

また、講師の方がざっくばらんな雰囲気でのおしゃべりで表現が適切でないところもあるかもしれません。

そういったことをお含みおきの上、判断してください。

 

■免疫は腸が7割、心が3割

腸内環境が大きく影響するので良くすることが大事。

下痢は悪いものを出しているので安易に止めてはいけない。

腸が弱ると様々な病気が出る。それを薬で治そうとするのは対症療法であり、根本原因を見ていない。

身体に対する免疫応答では、強い人は自己免疫疾患になり、弱い人はがんになる。

外部からの異物に対する反応では、強い人はアレルギーになり、弱い人は感染症になる。

 

■精神薬は不毛

精神的なものは薬では絶対に治らない。飲んでいると統合失調症になる。

パーキンソンの薬も神経に働くので統合失調症になる。

睡眠導入剤は精神薬(抗不安薬)であり、量を加減して短時間に切れるようになっている。切れると不安感が増す。その他様々な副作用あり。

 

■高脂血症は病気ではない

5年以上薬を飲み続けると骨が解ける。痛みがでたり歩けなくなったりも。

作られた病気であり、むしろ下げることによる問題がある。若い人は生殖に問題が起こる。

HDLとLDLを善悪に分けるのも間違い。役割が違うだけ。

総コレステロール220~280くらい高い方が長生きというデータが出ている。

この薬を飲んで脳疾患が減るというデータはない。

高コレステロールを予防するにはDHA、EPA。魚の油は固まった脂を溶かす。

良質な油をバランスよくとる。

 

■現在の高血圧は作り出されたもの

高脂血症同様、製薬会社や医療関係者の利益のために作り出された。本来適正血圧は年齢プラス90。

薬で無理に下げると認知症、鬱になる。脳梗塞が増える。

血液を送り出す力が強い高血圧の家系は長生き。

 

■血糖値

下げる薬を飲むと低血糖になり、認知症、心不全などの問題を起こす。

ヘモグロビンA1cの適正値は、65~74歳では7.5%未満。75歳以上は8%未満。

 

■ワクチンのシェディング

接種後2日くらいは放出している。粘膜がしっかりしていれば大丈夫。

 

■きれい社会が危ない

皮膚常在菌、腸内フローラ、デーデルライン乳酸菌(膣内を清潔に保っている。年齢とともに減少するが、これが不足すると不妊、早産、ガンジダ症の可能性が高まる)などが殺菌、消毒によって減っている。細菌という私たちの仲間を減らしている。

 

※まとめとして

病気になったら対症療法ではなく、根本療法を。

自然治癒力を高めることが大事。それには運動、睡眠、食事を見直す。

医食同源を肝に銘じる。

 

 

とりあえず以上です。

結局、病気は様々あれど、しかも近年新しい病気が増えてはいても、その対処法は今も昔も変わりなく自然治癒力を高めること。

ストレスがあれば解消するよう努め、口に入れるもの肌に触れるものを見直し、生活環境にも注意を払う。

生きている間は自力で暮らしたいと思えば、これしかないですね。

私の場合、だから畑はやめられない!

 

 

 

 

 

 

 

|

« 地球温暖化の嘘 | トップページ | 「がんの原因は○○だった」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地球温暖化の嘘 | トップページ | 「がんの原因は○○だった」 »