« 武漢ウイルスは腸内細菌に感染していた! | トップページ | マスコミの目に余る世論誘導 »

自然治癒力を高める

気温が例年通りに落ち着いてきた昨今、朝と昼の温度差が20度とかの日も結構あって、着るものの調整が必要です。

日中の陽射しが強くなり、ウオーキングは4時過ぎに出たりします。

先日歩いていたら田植え作業に遭遇しました。

202054

大きな田植え機で一度に10列ぐらい植えているんじゃないかというくらい幅の広い機械で、またその速度がすごい!

一昔前はタッタッタッという感じでしたがこの日見たのはタ、タ、タ、タ、タという速さで、走らないとついていけないほどです。

技術は日進月歩だなあと感心しました。

一年にわずかな期間の水鏡の時期でもあり、場所によっては雪の北アルプスが映り込み、絵葉書や写真にも取り上げられる雄大な景観が見られます。

雲がなく、風もない穏やかな日にその景色を見に行きたいと思っています。

 

 

ところで武漢ウイルス、初めのころは人工的なものではないかとの情報で得体のしれない感じがあり、少し神経質になりましたが、分かってきてみればそれほど怖がるものではないようです。

前回も書きましたが、やはりどんな病気も自分の生命力というか、自然治癒力で治すしかないものではないでしょうか。

現実に、抗生物質を多用すれば耐性菌が、除草剤を使えば耐性雑草がより強力になって表れてきます。

自然界は生き残りのために常に変化しているのです。

私たち人間も同様に変化しなければいけないということですね。

食やライフスタイルを見直すことで。

 

今回のウイルスも下記国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センターの解析にあるように変異しています。

 https://www.niid.go.jp/niid/images/research_info/genome-2020_SARS-CoV-MolecularEpidemiology.pdf

武漢を発端とする新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) の変異速度は現在のところ 25.9 塩基変異/ゲノム/年(つまり、 1年間で 25.9箇所の変異が⾒込まれる)と推定されている。

 

つまり薬とのイタチごっこになるわけですね。

日本での鳥インフルエンザも、発生するのは常に殺菌しているひなのふ化施設だったりするとも聞いたことがあります。

 

これに対抗できるのはやはり薬などよりも私たちの免疫力、自然治癒力だと思います。

その力を高めるためにも食べ物や生活を見直していくことが必要。

 

日本は圧倒的に死亡率が低く、その原因がいろいろ言われていますが、私は和食が大きな要因ではないかと思います。

動物性たんぱく質と油と砂糖を控えること、添加物などの化学物質を控えることができ、海藻や野菜、豆類といった伝統食を多く取り入れることができ、漬け物や味噌、醤油などの発酵食品も本物をとることができたら、もっと強くなれるのではないかと。

 

いつも読ませてもらっている阿部一理さんの「食養の道」が参考になります。

今回のウイルス関連でもいくつか書かれているので是非読んでみてください

https://shokuyonomichi.com/新型コロナウイルス対策の一法-202002/

「免疫力を高めるために!!その2」

https://shokuyonomichi.com/免疫力を高めるためにその92-202003/

 

同じ原理で消毒についても注意が必要です。

アルコールや過度のせっけんを使っての手や体の消毒は体を守ってくれている常在菌をも殺してしまうため、かえって感染しやすくなったり皮膚の炎症を起こしたりします。

そのことについても一理さんが書いてくれているので参考までに。

「漂白剤・除菌剤にご注意を・・・」

https://shokuyonomichi.com/漂白剤・除菌剤にご注意を・・・-202004/

「漂白剤・除菌剤にご注意を・・・ その2」

https://shokuyonomichi.com/漂白剤・除菌剤にご注意を・・・%e3%80%80その%ef%bc%92-202004/

 

※上記のURLがうまくいきません。「食養の道」に入ってから当該サイトに移ってください(-_-;)

 

 

 

 

|

« 武漢ウイルスは腸内細菌に感染していた! | トップページ | マスコミの目に余る世論誘導 »

小次郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武漢ウイルスは腸内細菌に感染していた! | トップページ | マスコミの目に余る世論誘導 »