« 静かな春 畑の恵み | トップページ | 武漢ウイルスは腸内細菌に感染していた! »

鳥に話しかけてみる

緊急事態宣言の効果が表れてきたようで、長野県でも24日以来感染者が出なくなり、松本管内では警戒レベルが2から1に引き下げられたそうです。

レベル1は全ての感染者の感染経路が特定できている状態。

外から入って来なければ多分この辺りは大丈夫なのでしょう。

 

前回、移住者が増えるのではと書きましたが、すでに周囲では増えていました!

この間久しぶりの道を歩いたら、売り出して2年ほど買い手のなかった家が売れたようで、業者さんが入って手入れをしていました。

また、私がこちらに来た頃から人の来た気配のない荒れた家があった場所が、なんと更地になっていて新築の家の建坪にロープが張られていました。

草木がぼうぼうで家はボロボロ、両隣や近所の人たちが気の毒なくらい負の氣を発していた家でした。

それが更地になり、向こうの田んぼや林が見渡せ、明るい光が降り注いで、とても気持ちのいい空間に!

場の氣が劇的に変化していました。

そしてもう1件、ずっと空き家だったペンションがお食事処としてオープンしていました!

この辺りは人口が増えている!?

また別荘地ではゴミが大量に出ているとか、子供がにぎやかにしているとかという話も聞きます。

これは一時的に都会を避難してきた人たちでしょうが、永住する人も増えるかもしれません。

 

 

昨日は自粛で休みだった娘に手伝ってもらい、ネギを300本ほど植えました。

その前に草を刈っておこうと一人で週末に畑へ行った時のこと、「クエ~ッ」という鳴き声がしたので顔を上げて見回すと30メートルほど先に綺麗な雉が。

 

畑にいるとよく鳥が寄ってきます。

土を起こした後には小さな鳥が何羽も歩き回っている。

隠れていた虫が出てきたのを食べようとしているのでしょう。

また、よく上空をトンビが旋回しています。

おかしいことに、じきにカラスがやってきて追い回し始めます。

どうやらこの空域はカラスの縄張りらしい。

トンビの方が大きいのに結局は追い払われてしまうので、トンビに同情してしまいます。

 

そしてこの日はこの綺麗な雉。

今までも何回か見たことはあるのですが、今回は「こっちへおいで~」と声をかけてみました。

 

実は数日前に鳥と話すお父さんAさんの話を聞いたのです。

このAさんの家のベランダにハトが巣を作ろうとしていて、娘さんが追い払っても隙を見てはやってくる。

そこでAさん登場。

「おい、ここに巣を作らんでくれや。あっちの木なら作ってもいいでな」と説得したところ、次からはその木に巣を作り始めたと。

また、この農家のAさんのブルーベリーを食べに鳥たちがやってくる。

そこで、鳥たち用に離れた一角を専用のブルーベリーに決め、「ここはダメだぞ。そっちの実なら食べていいでな~」と。

すると鳥は指定したところの実だけ食べてほかは食べなくなったと。

なるほど~!

すごい人だなと思ったけれど、それはちょっと分かる気がする。

私も畑の野菜には話をしているので(人に聞かれないように(^_^;))鳥にも話しかけてみようと思ったのでした。

 

声をかけたせいかどうか、しばらくすると割と近くからまた声が。

振り向くと5メートルくらいのところにまで近寄ってきていました!

2020429

 

エサを探しているのかしばらくウロウロ。

通じたのかな?

私も草刈りに専念。

そして私が帰ろうと歩きはじめたら、彼も遠ざかっていきました。

これからもっと鳥にも草木にも話しかけてみようと思った出来事でした。

 

 

 

 

|

« 静かな春 畑の恵み | トップページ | 武漢ウイルスは腸内細菌に感染していた! »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静かな春 畑の恵み | トップページ | 武漢ウイルスは腸内細菌に感染していた! »