« 輸入食肉の問題 | トップページ | 「食べてはいけない『アメリカ産乳製品』」 »

自粛生活

何があったとしても季節は確実にめぐり、いよいよ春本番です。

松本城の桜が開花したとの宣言もありました。

我が家の庭の沈丁花も、開き始めたと思ったらもう満開を過ぎ、終わりに近づいています。

日本の三大香木、春の沈丁花・夏のクチナシ・秋の金木犀。

どの香りも好きですが、特に沈丁花の香りは昔から花粉症を和らげてくれるので部屋に飾るのはもちろん、特に症状のひどかった浦和時代は枕元に鉢植えを置いて寝たほどお世話になりました。

こちらに引っ越して庭にこの木があるのを知ったときは本当に嬉しかった。

窓を開ければ香ってくるし、部屋にもトイレにも玄関にも飾って、その香りに癒されています。

 

武漢肺炎の勢いが衰えるどころか、かなり拡大してきました。

初めのころの、あまり大した病気ではない、インフルエンザのようなもの、といった楽観論は影を潜めてきました。

数日で急に重篤な状態になるという例が言われています。

例の中国内の、歩いている人がいきなり倒れるといった状態に近いのでは?

感染が伝わるにしたがってウイルスが変異し凶悪化しているのかもしれません。

また、感染していても無症状だったりする人もいるので、自分が感染しているとは知らずに人に移してしまうといった事態もあって、そこがこのウイルスの怖いところです。

まだまだ自粛は続けなければならないですね、もっと用心深く。

その自粛のおかげ?か私も結構ブログの更新をしていますが(^_^

 

山梨では8か月の女児が感染し重症とのこと。

両親は陰性とのことなので、その感染経路が謎です。

私も孫が6か月を過ぎ、他人ごとではありません。

赤ちゃんというものはやたらと嘗め回す人種。

どこかへ出かけたときにテーブルとか手すりとかを触って、その手をなめて感染などもあり得ます。

そういった固いところに菌が生き残っているとする医師の動画も見たことがあります。

私と夫もつい先日外食してしまいましたが、テーブルとかメニュー表とかを触りました。

帰宅すればすぐに手を洗うのですが、赤ちゃんはすぐに手をなめますからね。

私も今の時期、軽い花粉症で鼻のあたりをつい触ってしまうので気をつけなければと思っています。

 

政府の経済対策も迅速にしていただきたいところです。

仕事が無くなって家賃にも困る人が出てきているでしょう。

しかし、野党はひどいですね。

国会に総理や閣僚を縛り付け、感染症対策や法の整備を妨害しているとしか思えません。

この期に及んで森友問題とか。

これは安倍総理とは無関係です。

もちろん法的な問題もありません。

官僚の自殺は財務省内の問題です。

なにしろマスコミが野党と結託しているので、情報が印象操作されていて、新聞・テレビが情報源の人には総理が怪しく見えているのでしょう。

ネットの発達によって真実が拡散されるようになった現在、戦後ずっと情報を独占してきたマスコミによる捏造や印象操作は即座に指摘されるようになっています。

しかし、ネットを見ない人たちにはそれが通じないというのがもどかしいところです。

 

国の政治は国民のレベル以上にはならないと言われます。

私たち国民がもっと情報を得て国民のための政治家を選ぶしかないのでしょうね。

官僚のレベルも同様と思います。

時間のかかるもどかしいことですが、私たちにすぐできることもあります。

おかしいと思うことがあったら質問する、意見を届けるということができます。

マスコミやそのスポンサーへの意見・苦情電話をする。

官庁へも同様です。

政府機関へは下記サイトから意見ができます。

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

 

私は電話やメールで質問・意見を25年ほどやってきました。

相手はテレビや新聞、省庁、メーカーなど。

案外いろいろ教えてくれるし、丁寧に聞いてくれます。

あの電話に、メールに答えてくれた、と思えることもありました。

家に居ながらにしてできることなので、やってみませんか。

多くの意見が届けば意思決定に意外に影響はあると思います。

 

 

 

 

 

 

|

« 輸入食肉の問題 | トップページ | 「食べてはいけない『アメリカ産乳製品』」 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 輸入食肉の問題 | トップページ | 「食べてはいけない『アメリカ産乳製品』」 »