« 早春の山々 | トップページ | 水色の大判ストール »

春、ウオーキング

昨日は気温がかなり上がり、お天気も良かったのでウオーキングはちょっと遠くまで足を延ばしました。

途中畑に鍬を入れている人を見かけたので声を掛けました。

レタスの苗を植えるために畝たてをしているとのこと。

まだ霜の危険もあるのではと聞くと、覆いをするので大丈夫と。

私はそういった資材を使わないので(始末に面倒な気がして)苗を植えるのは5月中旬です。

ただ、種まきは別。

この週末には遅くなったけれどスナップエンドウをまく予定です。

畑では、秋に残しておいた白菜や野沢菜の冬菜がそろそろ収穫できそう。

いよいよ畑シーズン到来です。

 

昨日は初めて歩く道をずんずんと。

途中行き止まりになってしまったけれど、空き地を横切って少し先の道へ。

こんなところにこんな素敵な家があった、とか、こんなところに小川が、とか、新発見が楽しいので知らない道を歩くのが好きです。

林の中から急に田畑で開けたところに出ると、その広がりがまた心地よい。

少し先に行って振り返ると北アルプス連峰。

 

「春はまだかと振り向き見れば 北アルプスはまだ雪景色~」

 

と歌う町の歌がありますが、その歌詞の通りの風景が広がります。

暖冬だし、さすがに3月半ばなので前山と呼ばれる手前の山には白いものはありませんが。

2020318

かなり歩いたので帰りは上り路だし、買い物に出ていた夫に拾ってもらいました。

家に戻って庭を何気なく見たらこんな可憐な花が。

6年目にして初めて発見したかも。

2020318_20200319232801

 

何があっても季節は進む。

人間の都合など、地球には関係がない。

ただすべてを時間の中に包み込んで、今日も季節は巡る。

 

 

|

« 早春の山々 | トップページ | 水色の大判ストール »

ちき散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早春の山々 | トップページ | 水色の大判ストール »