« 一年の終わりに | トップページ | 「元気の学校」無料動画公開中 »

年の初めの雑感

なかなかブログに時間が取れなくて、2月に入っての今年初めての更新となりました。

今年は少し軽い内容もありの、更新優先にしていこうかと思っていますが、果たして…?

 

 

今、新型肺炎が注目され、早くワクチン開発をとテレビのニュースでやっていました。

でも、誰も一番肝心なことを言わないですね。

日ごろからなるべくストレスを少なくし、体を冷やさず、疲労をためない生活、つまり免疫力を落とさないことを心掛けることが大事ではないでしょうか。

食べものも胃腸に負担の大きくないものにして体力を浪費しないことも大事です。

そのうえでの、最後の手段としての薬かと。

都会のような人混みはない田舎とはいえ、どこかで保菌者との接点があるかもしれず、注意するに越したことはありません。

何もなくとも免疫力は大事なことなので私も気をつけたいと思います。

おりしも季節は私の一番苦手な時期となりました(^_^;)

今年も師匠からどっさりミカンを送ってもらい、ビタミンCの不足はないかと。

ありがたいことです。

 

 

今年も味噌づくりという大仕事が27日に終わりました。

青森の無農薬の大豆や麹を注文してくれる人が都合により今年はお留守で、次善の策として地元の材料を使いました。

今年の味噌はどんな味になるか、今から楽しみです。

 

 

今日は近くで餅つき大会があったので夫と二人で見に行きました。

臼と杵での餅つきは子供のころ以来で懐かしく、つきたてのお餅は美味しかったです。

明日も知人のところで餅つきがあり、二人で参加する予定。

これも楽しみです。

 

 

昨日、地元のテレビで信濃と越後の関わりを紐解く番組を見ました。

これが意外な事実のオンパレードで驚きました。

まず、信州と言えば歴史の古い順番でいえば諏訪の黒曜石です。

この黒曜石は日本中で発見されており、下諏訪町の星糞峠の遺跡は確か3万年前のもの。

その頃から交易の道があったのです。

その時代、黒曜石は狩りなどに必須のもので、諏訪地方は日本でも中心的な場所であったと思われます。

そして越後と言えばヒスイ。

ヒスイの産地はいくつかあるようですが、糸魚川のものは最高のレベルで、これも日本各地の遺跡で出てきています。

 

そして、諏訪と言えば諏訪大社。

そのご祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)ほか二柱。

この建御名方神は出雲の大国主命と越後の奴奈川姫との間にできた子です。

伝承では大国主命が奴奈川姫に求婚し、姫が子を産んだのが越後の岩殿山で、その後親子三人で1.3キロ離れたの居多神社のあたりに住まいしたとのこと。

なんと、岩殿山も居多神社も私の実家の近くです。

そこに奴奈川姫の住まいがあったとは。

これまではずっとヒスイ産地の糸魚川の方かと思っていたので、これは驚きでした。

 

居多神社は越後一宮で現在の祭神は次の4柱。

大国主命(おおくにぬしのみこと)

奴奈川姫命(ぬながわひめのみこと) - 文献では「沼河比売」とも。大国主命の妻。

建御名方命(たけみなかたのみこと) - 大国主命の子。

事代主命(ことしろぬしのみこと) - 大国主命の子。

 

Wikiによると

居多神社は「気多神」を祀る神社と考えられており、兵庫県北部から新潟県にかけての日本海側に分布する気多神社の一社とされる(「気多大社#気多苗裔神」を参照)。この気多神は出雲の人々に信奉された神とされており、『古事記』での大国主命による高志国(越国;現在の北陸地方)の奴奈川姫命への妻問い説話と同様に、気多神の分布は出雲勢力の北陸地方への進出を物語ると考えられている

 

上にも書いたように、建御名方命は諏訪大社のご祭神。

私と夫は、奴奈川姫の生地とその息子の住まいした地で生まれた者同士という縁があったことがわかり、感慨深いものがありました。

ほかにも上越・糸魚川あたりから信濃へは塩の道もあり、交易が盛んだったと思われます。

縁のない人と思っていた信州人がにわかに身近に感じられました。

 

ちなみに居多神社は五智国分寺の近くで、国分寺は親鸞が島流しにされて上陸した居多ヶ浜に近く、親鸞がしばらくその境内に草庵を結んで住まいしたところでもあります。

私が高校生の頃は時々寄り道して境内の茶屋でところてんを食べたりしたものですが、昭和63年に焼けてしまい、現在の国分寺はその後再建されたものです。

 

しばらく前から縄文時代や古代の歴史に興味を惹かれて本を読んだり、遺跡を巡ったりしています。

面白いです。

これからまた調べたいことが増えました。

 

 

 

 

 

 

|

« 一年の終わりに | トップページ | 「元気の学校」無料動画公開中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一年の終わりに | トップページ | 「元気の学校」無料動画公開中 »