「がんの原因は○○だった」

いつの間にか秋も深まり、周囲は紅葉に包まれています。

我が家の庭には7本の楓の木がありますが、一番大きな木は今が見ごろの深紅に体を装っています。

散り始めた葉が庭の全面を赤く染める日も近い。

山々も彩り豊かで、一日ゆっくりたっぷりこの紅葉を愛でる日を作りたいこの頃。

今年は駆け抜けるように過ぎた忙しい毎日で、ゆったりまったりに飢えています(^_^;)

山に出かけたい。

まぁ、山に住んでいるので都会暮らしのころに比べると、そういったストレスはほとんど無くなったのですが、それでも人工物のない自然の中でゆっくりする日がたまには必要なんだとこの頃実感しています。

 

季節は天高く馬肥える秋、美味しいものがあふれています。

果物や野菜の自然なものはまだしも、季節に関係なくあふれているスイーツには要注意!

食べ物、食べ方に関してたくさんの動画を挙げ、注意を促す医師の吉野敏明さんを今日はシェアしたいと思います。

真実が語られないメディアのせいで、真実を知らない国民が多い。

健康問題はその一つの典型的な例で、食べ物がいかに重要かを例外なく説かれています。

たくさんの動画の中から、今日は下記の1本。

是非視聴してください。

 

ガンの原因は◯◯だった...ガン治療の実際 - Bing video

 

 

 

| | コメント (0)

医食同源 だから畑はやめられない

すっかりご無沙汰しました。

昨日サツマイモの収穫を終えて、畑仕事も一段落し、今日は雨ということもあり、久しぶりに書いています。

サツマイモは豊作で、2週間前に収穫を終えたカボチャと一緒に、二階の普段使わない廊下に並べています。

両方で大きな段ボール箱6個もあります。

どっちも大好きなので、これから食べるのが楽しみです!

 

今日は今月初めに参加した、東京から来てくださった漢方の薬剤師さんのお話を、とても大切なことと思うのでシェアさせていただこうと思います。

北里大学で研究をされていたその方は、現在の医療の在り方に疑問を持ち、安易な服薬に警鐘を鳴らされています。

以下、順不同でメモを観ながら、話されたことを挙げていきます。

あくまでも私がメモした内容であり、聞き間違いなどの可能性もゼロではありません。

また、講師の方がざっくばらんな雰囲気でのおしゃべりで表現が適切でないところもあるかもしれません。

そういったことをお含みおきの上、判断してください。

 

■免疫は腸が7割、心が3割

腸内環境が大きく影響するので良くすることが大事。

下痢は悪いものを出しているので安易に止めてはいけない。

腸が弱ると様々な病気が出る。それを薬で治そうとするのは対症療法であり、根本原因を見ていない。

身体に対する免疫応答では、強い人は自己免疫疾患になり、弱い人はがんになる。

外部からの異物に対する反応では、強い人はアレルギーになり、弱い人は感染症になる。

 

■精神薬は不毛

精神的なものは薬では絶対に治らない。飲んでいると統合失調症になる。

パーキンソンの薬も神経に働くので統合失調症になる。

睡眠導入剤は精神薬(抗不安薬)であり、量を加減して短時間に切れるようになっている。切れると不安感が増す。その他様々な副作用あり。

 

■高脂血症は病気ではない

5年以上薬を飲み続けると骨が解ける。痛みがでたり歩けなくなったりも。

作られた病気であり、むしろ下げることによる問題がある。若い人は生殖に問題が起こる。

HDLとLDLを善悪に分けるのも間違い。役割が違うだけ。

総コレステロール220~280くらい高い方が長生きというデータが出ている。

この薬を飲んで脳疾患が減るというデータはない。

高コレステロールを予防するにはDHA、EPA。魚の油は固まった脂を溶かす。

良質な油をバランスよくとる。

 

■現在の高血圧は作り出されたもの

高脂血症同様、製薬会社や医療関係者の利益のために作り出された。本来適正血圧は年齢プラス90。

薬で無理に下げると認知症、鬱になる。脳梗塞が増える。

血液を送り出す力が強い高血圧の家系は長生き。

 

■血糖値

下げる薬を飲むと低血糖になり、認知症、心不全などの問題を起こす。

ヘモグロビンA1cの適正値は、65~74歳では7.5%未満。75歳以上は8%未満。

 

■ワクチンのシェディング

接種後2日くらいは放出している。粘膜がしっかりしていれば大丈夫。

 

■きれい社会が危ない

皮膚常在菌、腸内フローラ、デーデルライン乳酸菌(膣内を清潔に保っている。年齢とともに減少するが、これが不足すると不妊、早産、ガンジダ症の可能性が高まる)などが殺菌、消毒によって減っている。細菌という私たちの仲間を減らしている。

 

※まとめとして

病気になったら対症療法ではなく、根本療法を。

自然治癒力を高めることが大事。それには運動、睡眠、食事を見直す。

医食同源を肝に銘じる。

 

 

とりあえず以上です。

結局、病気は様々あれど、しかも近年新しい病気が増えてはいても、その対処法は今も昔も変わりなく自然治癒力を高めること。

ストレスがあれば解消するよう努め、口に入れるもの肌に触れるものを見直し、生活環境にも注意を払う。

生きている間は自力で暮らしたいと思えば、これしかないですね。

私の場合、だから畑はやめられない!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

地球温暖化の嘘

武田邦彦元中部大学教授が以前から発信されていた、地球温暖化の欺瞞について下記サイトにざっと概要が書かれています。

本の宣伝なのですが、興味ある方は買って読んでいただければ。

買わなくても、このサイトの情報だけざっと読めば、その論点が分かると思います。

 

【公式】ECOに翻弄される世界 ルネサンスvol9 (renaissance-sk.jp)

 

今日の一句

「熱中症? 予定キャンセル 大騒ぎ」

 

| | コメント (0)

暑すぎる夏

今年は異常に暑い日が多いですね。

本来避暑地だったはずのこの地で、3,4年前からエアコンは必需品になりました。

我が家も2年前に入れました。

今年はその存在に救われましたよ。

ただ、朝晩はとても涼しいのが都会との違いで、ありがたいところです。

 

東京では七月の熱中症死者数86人だったとか。

その8割がエアコンがないか、使用しなかったということです。

都会でこれはもう無謀ですね。

エアコンを入れる余裕がないという人には何か対策が必要と思います。

 

猛暑の理由の一つは雨が少ないこと。

おかげで畑の水やりもしなければならず、ちょっとへたりました。

しかし良かったのは梅の天日干し。

今年は23キロ梅干しを作りましたが、これが順調に太陽光を浴びて、いい仕上がりです。

ちなみにジュースは19キロ作りました。

こちらは梅の出来が遅く7月で、畑と梅でほかのことをする気持ちの余裕がありませんでした。

昨日ようやく梅仕事が終わり、やっとブログを書いています。

今月はじめ、雨上がりの畑帰りに虹がでました。

202308

 

今日の一句

「梅仕事 畑仕事で 夏が過ぎ」

 

 

 

 

| | コメント (0)

例のお注射情報

山岡鉄秀さんのツイートより

 

山岡鉄秀さんはTwitterを使っています: 「ファイザー社の元副社長でグローバル部門責任者のマイク・イェードン博士は、『コビッド』で投与された実験的mRNA注射は、卵巣に蓄積して集団不妊をもたらすように意図的に処方されたものだとドリュー博士に語っている。 これをデマだと断定した大臣がいた。彼は誰の為に仕事をしていたのだろうか?」 / X

 

山岡鉄秀さんはTwitterを使っています: 「ファイザーの元事業部長、マイク・イェードン博士: 「我々は史上最大の犯罪の渦中にいる。世界的な犯罪だ。それは支配を意図し、すべての人の自由を奪い、数百万人を殺すことになる。これは長い間計画されてきたことだ。何もせずにこの専制政治に従えば、自由を失い、おそらく命を失うことになる」」 / X

 

山岡鉄秀さんはTwitterを使っています: 「これが属国の悲哀だ。軽武装平和国家として生きて来たというのは幻想であり、欺瞞的でさえある。実際は重武装覇権国家の属国の民として生きて来たのだ。その結果、このように滅茶苦茶な要求にも唯々諾々と従わなくてはならず、滅びざるを得なくなる。主権なき国家の宿命なのだ。国民は現実を直視せよ。」 / X

 

 

最近、夫とちょくちょく川柳を作っています。

本日の一句

「テレビだけ 見ている人は 騙される」

 

 

 

| | コメント (0)

リベラル!💦

コンパクトにまとめられていてわかりやすい!

拡散しましょう!

音声オンにして✋

https://twitter.com/i/status/1678687936592908293

 

 

 

| | コメント (0)

LGBとT

LGBT法案が今週強行採決されるようです。

テレビでは報じませんが、ネットではこの問題で大騒ぎになっています。

私もこの法案には反対ですが、

では、何が問題なのか。

分かりやすく解説された動画がありますので、ぜひ見てください。

 

(39) 古事記から紐解くLGBT問題【LGBT問題 前半】|茂木誠 - YouTube

(39) なぜ今?LGBT法推進派の正体を暴く【LGBT問題 後半】|茂木誠 - YouTube

(39) 【拡散希望】断固反対!LGBT法案について|神谷宗幣×山口敬之×山岡鉄秀 - YouTube

 

そもそもLGBとTは別の問題とする主張があるのを最近知りました。

LGBは趣味趣向の問題だが、Tは精神の病であるとするものです。

WHOが、もともと精神病であったトランスジェンダーを病ではなくLGBと同様のものとしたのだそうです。

その判断を提起したのは事務局長が中国人であったとき。

そしてその後を継いだ現在のテドロス事務局長も共産主義者です。

この法案の裏側にある真の目的が透けて見えてきます。

 

我那覇真子さんがトランスジェンダーだったおじいさんにインタビューしているのが下の動画。

(39) LGBT当事者告発/性転換手術は「史上最大の医療詐欺」ウォルト・ヘイヤー氏 Sex Change Regret : Walt Heyer - YouTube

 

トランスジェンダーは自己否定の病だと言っています。

性転換手術をして後悔していると。

今は当事者の相談を受けているというこの男性。

是非この動画も視聴してください。

 

安倍さん亡き後、日本は音を立ててこの共産主義グローバリストたちの思惑通りに動いているように見えます。

安倍さんが邪魔だったんですね。

 

メディアもこの勢力の下にあります、戦後ずっと。

だから、テレビや新聞を情報源にしている人はいいように洗脳されている。

自分で情報を取りに行き、真実を学ばなければならないと痛感します。

 

 

 

 

| | コメント (0)

知らぬ間に食べている危険食品

すごく久しぶりの更新になりました。

畑シーズン到来で、しかも今年はカボチャの栽培を広く始めてしまったのでますますエネルギ―を使っている状況です。

時間をかけた内容がなかなか書けないので、短いけれども情報だけでもアップしようかと思い、PCを開きました。

 

食品の問題を少し。

国際問題ジャーナリストの堤未果さんの警鐘です。

 

知らぬ間に食べている?食卓にひそむ"問題点" フードテックを享受する人が知らない「真実」 | 食品 | 東洋経済オンライン (toyokeizai.net)

 

是非読んでみてください。

養殖魚の危険性が分かると思います。

 

 

 

 

| | コメント (0)

集団洗脳マティアス・デスメット教授インタビュー

安倍さんが亡くなってから、日本は音を立てて崩れていっているように感じます。

今日は韓国との関連で、また以前のように歴史の真実を無視した謝罪外交に転ずるかのようなニュース。

河野太郎の、移民を4%まで増やすというという発言。

最近のコオロギ食推進、LGBTQ差別反対法案、増税、諸外国へのバラマキ、外国の土地買収放置、再エネ推進etc…

日本が侵食され、全体主義に飲み込まれていく恐怖を感じます。

もう自民党はダメですね。

かろうじて安倍さんの存在で踏みとどまっていただけという実情が明らかになったと思います。

今度の選挙の選択肢は参政党一択と改めて思いました。

 

話は変わりますが、時々我那覇真子さんのyoutubeを観ています。

多くの注目すべき思想家にインタビューされていて、先日視聴した下記番組もとても貴重なものと思い、シェアします。

(154) 集団洗脳マティアス・デスメット教授インタビューInterview with Mattias Desmet on"Psychology of Totalitarianism"#MattiasDesmet - YouTube

 

全体に押し流されそうになっても、諦めざるを得ない状況になっても、自分の考えを静かな声で発信し続けること。

それが全体主義の完遂を遅らせることになる。

そんな言葉が印象に残りました。

我那覇さんの奮闘に感謝!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

危険性

新聞とテレビだけが情報源の人、ネットをしていても情報を取りに行かない人は危険。

河野太郎氏の下記記事のような情報も目に入らないのでしょうね。

河野太郎元ワクチン担当相「妊娠時にワクチンは有害だというのは全くのデマ。胎児にも影響ない。妊婦は優先的に打ってほしい」(動画)/「海外で大問題になってますが?」 | Total News World (totalnewsjp.com)

 

 

 

| | コメント (0)

«希望の春